JAの紹介 特産農畜産物 産直通販 イベント 青年部・女性部 JA共済・JAバンク リクルート
JAとまこまい広域主催イベント
 
2017/03/10
地域商社と連携して農産物を海外輸出 農商工等連携事業認定式

 2月27日、厚真町総合福祉センターにて「農商工等連携事業」認定を受けた北宝堂株式会社(小樽市)及びJAとまこまい広域の認定式が関係機関出席の中執り行われ、認定書が交付されました。

 この事業は小樽港で水揚げされた鮮魚等をシンガポールに輸出する地域商社として事業活動を行っていた北宝堂株式会社と、近年メロン等の農産物輸出に取り組み、更なる輸出量拡大を模索するJAとまこまい広域が連携し、メロンやイチゴ等の農産物をシンガポールの飲食店へ新千歳空港からワンストップで輸出可能とする物流の構築と、シンガポールの飲食店へダイレクトに販路開拓する新たな商流の構築に取り組むとともに、シンガポールをはじめとしたアセアン地域での認知度向上・ブランド化を図り販路拡大に繋げることを計画しています。

 渡辺一雄代表取締役に高橋毅北海道経済産業局産業部次長が、秋永徹代表理事組合長に岡山雅北海道農政事務所札幌地域拠点地方調整官が認定書を手渡しました。

農商工等連携事業認定式1.JPG 認定書を受け取る秋永組合長

 秋永組合長は「安定した海外輸出で農家の所得向上に努めるとともに、末永く事業を行っていきたい」と述べました。

 北海道内では今回の認定を含め現在まで68事業が認定されていますが、農産物の輸出事業では道内初の認定となりました。

農商工等連携事業認定式2.JPG
認定を受けた北宝堂(株)の渡辺一雄代表取締役(右から2人目)と秋永組合長




 
JAの紹介 特産農畜産物 産直通販 青年部・女性部 JA共済・JAバンク リクルート 専用掲示板
Copyright(C) JA TOMAKOMAI-KOUIKI AllRightReserved.