JAの紹介 特産農畜産物 産直通販 イベント 青年部・女性部 JA共済・JAバンク リクルート
JAとまこまい広域主催イベント
 
2016/04/21
第15回通常総代会開催

JAとまこまい広域の第15回通常総代会が4月12日、厚真町総合福祉センターで開催されました。

「土づくりで生産性向上と販売力強化」と農協改革をふまえ「開かれ、愛され、選ばれるJAづくり」をスローガンに掲げて開かれた総代会には、代理出席、書面議決を含む総代222名が出席しました。

冒頭では、地域の発展に貢献された功績が称えられ、昨年度北海道報徳善行賞を受賞された穂別支所の石崎廣二さんへ、秋永徹代表理事組合長から表彰状と記念品が手渡されました。また、今回13回目となるJAとまこまい広域共励会表彰が行われ、各部において昨年度最高の成績を収められた12名に表彰状と記念品が手渡されました。

総代会1.JPG 報徳善行賞を受賞された石崎さん(写真左)への表彰

総代会2.JPG JAとまこまい広域共励会表彰式の様子

開会にあたって秋永組合長は「昨年は春先の低温や6月下旬の日照不足があったものの、その後は好天に恵まれたことから全般的に平年作以上の収量を確保でき、また酪農・畜産部門では乳価、素牛価格が好調に推移したことにより、平成27年度の農畜産物販売取扱高が過去最高の140億円を達成することができた」と挨拶しました。

総代会3.JPG 秋永組合長の挨拶

総代会の議事にあたっては、白老支所 阿部高幸さんと厚真支所山本孝さんが議長を務める中、平成27年度決算および平成28年度の事業計画など全11議案が満場一致で承認されました。また、特別決議として「TPPから北海道農業・地域社会及び国民の命と暮らしを守る特別決議」がとまこまい広域農協青年部の小泉貴裕部長より提出され、満場一致で採択されました。

総代会4.JPG 議長を務めた阿部さん(写真左)と山本さん(写真右)

総代会5.JPG 特別議決を提出した小泉貴裕青年部長

JAとまこまい広域では今年、TPP大筋合意や農協改革に対応することを目的とした「とまこまい広域JA改革プラン」を策定し、収益向上への取り組み・組合員の経営サポートや担い手確保・育成、農業・農村の魅力発信、農業への理解促進等に取り組みながら、正組合員、准組合員、地域利用者から信頼され利用いただける組合づくりを目指していきます。販売取扱高126億円の事業計画達成に向けた団結を組合員に呼びかけ総会は閉幕となりました。

総代会終了後には、会場のロビーにおいてJAとまこまい広域産農畜産物・加工品還元即売会が開かれました。おふくろみそやハスカップゼリー、白老産牛肉ハンバーグなどJAとまこまい広域が取り扱う商品を販売し、多くの出席者たちが立ち寄りました。

総代会6.JPG 広域の人気商品がずらりと並ぶ




 
JAの紹介 特産農畜産物 産直通販 青年部・女性部 JA共済・JAバンク リクルート 専用掲示板
Copyright(C) JA TOMAKOMAI-KOUIKI AllRightReserved.