JAの紹介 特産農畜産物 産直通販 イベント 青年部・女性部 JA共済・JAバンク リクルート
JAとまこまい広域主催イベント
 
2015/06/22
甘くて素晴らしい出来、初競りで16万円 ほべつメロン初出荷・初競り

むかわ町穂別地区の特産物「ほべつメロン」が6月14日、JAとまこまい広域穂別支所選果場にて初出荷を迎えました。

今年はほべつメロン生産部会の佐藤裕次部会長と石崎憲一さんが初出荷を飾りました。翌15日には札幌ホクレン青果にて初競りも行われ、秀品4玉1箱、5玉13箱をはじめ計22箱が競りにかけられ、秀品5玉1箱に最高15万円の値がつきました。また、18日には苫小牧市公設地方卸売市場でも、秀品5玉8箱をはじめ計15箱が競りにかけられ、秀品5玉1箱に最高16万円の値がつきました。

ほべつメロン初出荷1.JPG 多くの競り人で活気溢れる市場の様子

佐藤部会長は「今年は3月~4月の寒暖の差が激しく、序盤に定植したものは小玉傾向だったが、糖度も高く品質も素晴らしいものが出来、市場からの評価も上々。これから出荷していくメロンは玉の肥大も期待出来、毎年ほべつメロンを楽しみにしている方や食べたことのない方にも満足してもらえるものを出荷していきたい」と話しました。

ほべつメロン初出荷2.JPG 札幌ホクレン青果にて競りにかけられるほべつメロン

同生産部会では、部会員35戸、約20haを作付け、382tの出荷を見込んでおり、7月中旬に出荷のピークを向かえ、8月中旬まで出荷が続きます。




 
JAの紹介 特産農畜産物 産直通販 青年部・女性部 JA共済・JAバンク リクルート 専用掲示板
Copyright(C) JA TOMAKOMAI-KOUIKI AllRightReserved.