JAの紹介 特産農畜産物 産直通販 イベント 青年部・女性部 JA共済・JAバンク リクルート
JAとまこまい広域主催イベント
 
2015/06/18
爽やかな甘さの「追分カンロ」出荷開始 追分カンロ初出荷・初セリ

安平町追分では6月11日、特産品である追分カンロが初出荷を迎えました。

今年最初の出荷となったのは、同町の岩倉啓一さん、二又哲雄さんの2名。初出荷のカンロは合わせて4で、昨年より5遅い初出荷となりました。同日、追分野菜集出荷場で出荷セレモニーが行われ、町をはじめ、市場、JA等各関係者が出席しました。セレモニーの中で追分カンロ組合の岩倉啓一組合長は「今年も一丸となって良いものを提供していく」と意気込みを見せました。セレモニー閉会後には、試食のカンロが振る舞われ、初収穫のカンロに集まった人達は舌鼓を打ちました。

初出荷となった岩倉さん(左)と二又さん(右).JPG 初出荷となった岩倉さん(左)と二又さん(右)

翌12日、丸果札幌青果で行われた初競りでは、最高値は1箱1万円(2L・13~15玉入り)となり、今回出荷された4合計でおよそ2万8千円と、好調なスタートを切りました。

丸果札幌青果で競りにかけられる追分カンロ.JPG 丸果札幌青果で競りにかけられる追分カンロ

追分カンロ組合では、生産者6戸で3haを栽培し、9月末までに6,500箱を出荷する予定で、販売額は1,750万円を目指します。




 
JAの紹介 特産農畜産物 産直通販 青年部・女性部 JA共済・JAバンク リクルート 専用掲示板
Copyright(C) JA TOMAKOMAI-KOUIKI AllRightReserved.